蔵元 のご紹介
◆越の華酒造株式会社◆
                             ぬったり
〒950-0076 新潟県新潟市中央区沼垂西三丁目八番六号
  TEL 025-241-2277    FAX 025-241-2278

URL   http://www.koshinohana.com/
E-メール koshinohana@oenon.jp
左の面は酒造りの神
右の面は杜氏の守護神
●企業理念
”酒は生きものである”明治3年より今日まで、新潟の歴史と風土の中に深く係わり合いを
もちながら、「滴滴在心・酒にこころあり」の社是を基に個性豊かな吟醸酒造りを目指して、
人生の「温故知新」に彩りを添える役割を担いたいものと日々新たに精進してまいります。


●手造り吟醸酒蔵としてのこだわり
「酒に心あり」は自らを「水心子」と名乗って、心に止まった言葉や文を書や彫り物に数多く残している中で、先代社長の一番好んだ言葉であります。先代の意志のもと、「究極の酒」、「特徴ある地酒」を求め、米は兵庫県産「山田錦」、新潟県産「五百万石」、幻の酒米といわれる「亀の尾」、山田錦と亀の尾の特徴を持つ「華吹雪」を使用し、できる限り酒本来の旨味・香りを楽しんで頂くべく、こだわりをもった酒造りを目指しております。

越の華酒造は「皆様の人生の中でコシノハナの吟醸酒が小さなかけ橋として何時もお役に立ちたいと願っております。


●賞歴
(平成元年以降)
 平成元年  ・関東信越国税局酒類鑑評会「金賞」受賞
   2年 ・関東信越国税局酒類鑑評会「金賞」受賞
   3年 ・関東信越国税局酒類鑑評会「金賞」受賞
・国税庁醸造研究所全国新酒鑑評会「金賞」受賞
   4年 ・関東信越国税局酒類鑑評会「金賞」受賞
・国税庁醸造研究所全国新酒鑑評会「金賞」受賞
   5年 ・関東信越国税局酒類鑑評会「金賞」受賞
   6年 ・関東信越国税局酒類鑑評会「金賞」受賞
・国税庁醸造研究所全国新酒鑑評会金賞」受賞
   9年 ・関東信越国税局酒類鑑評会「金賞」受賞
・国税庁醸造研究所全国新酒鑑評会「金賞」受賞
  10年 ・関東信越国税局酒類鑑評会「金賞」受賞
  11年 ・国税庁醸造研究所全国新酒鑑評会「金賞」受賞
  12年 ・関東信越国税局酒類鑑評会「金賞」受賞
  14年 ・酒類総合研究所 全国新酒鑑評会「金賞」受賞
・関東信越国税局酒類鑑評会「金賞」受賞
  15年 ・酒類総合研究所 全国新酒鑑評会入賞
・関東信越国税局酒類鑑評会「金賞」受賞
  16年 ・酒類総合研究所 全国新酒鑑評会「金賞」受賞
  17年 ・関東信越国税局酒類鑑評会「金賞」受賞
  19年 ・酒類総合研究所 全国新酒鑑評会「金賞」受賞
 20年 ・酒類総合研究所 全国新酒鑑評会「金賞」受賞
21年 ・酒類総合研究所 全国新酒鑑評会入賞
22年 ・酒類総合研究所 全国新酒鑑評会入賞
23年 ・酒類総合研究所 全国新酒鑑評会「金賞」受賞
(平成12年までの全国新酒鑑評会での入賞は表示を省いております)


●越の華ってどこにある? (詳しく知りたい方は写真をクリック)
☆アクセス☆
新潟空港より6.5Km 車にて約15分 朱鷺メッセより1Km徒歩にて15分
新潟駅より1.5Km 徒歩にて約20分 紫竹山ICより3Km 車にて約5分
新潟亀田ICより5.8Km 車にて約10分
注)土・日・祝日は営業しておりません。
  蔵見学は、現在行っておりません。

蔵元のふるさとのご紹介
  新潟市沼垂(ぬったり)、ここが「越の華」の故郷であります。沼垂の歴史は1300年前とさかのぼり古くから北国への備えとして[ヌタリの柵]が築かれた地であります。日本一の長流、信濃川が上流から沼や潟に土砂を運び土地を増やし、かつては新潟の中心地であり港町として栄え歴史を刻んできました。
 時代は変遷し、昔の活気は薄らいだ昨今ではありますが、今も変わらぬ、人情に富み、優しさが行き通う町。又、沼垂の朝市も古くから現在に引き継がれ、五穀豊穣を祈願する蒲原祭り、白山神社喧嘩灯籠、梅祭りがあり、郷愁ある風情がこの地には今も生き続いております。
  「越の華」はこの信濃川最下流の町、沼垂に位置し佐渡汽船ターミナル、新潟西港に近く、新潟のシンボル万代橋、新潟駅、新潟空港、関越自動車道、磐越自動車道など交通網にも便利な地点にあります。
沼垂白山神社 沼垂朝市